×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「パプペポ」着せ替え人形の手作り服の作り方
トップページ > { 服 2 / 服 1 / 水着+インナー / 針を使わず / その他 } > 速乾接着剤タックドレス
前へ 速乾接着剤 長袖Tシャツ速乾接着剤 Tシャツ 次へ

速乾接着剤 タックドレス

お人形の服を作ってみようと思った人が、気軽に始められるように、針と糸を使わず、接着剤で作ります。

一定の間隔でひだを折り、裏表とも、ひだを接着剤で貼ります。

着せ替えがしやすいように背中が全部開くようにしてあります。その部分は両面テープで仮に留めておきます。

左は青いサテン(ポリエステル)で作り、レースも接着してあります。

1
木工用速乾接着剤

木工用速乾接着剤を使います。速乾タイプでないといけません。ゆっくり固まる接着剤だと仕事にならないし、半乾きのときに布を変形させて形を作りにくくなります。

木工用速乾接着剤を塗ったあと、容器のふたを閉めてから貼り合わせ、手で押さえて次の段取りを考えているうちに、手を離せるようになります。

両面テープを使うと、ボディの可塑剤とテープの粘着剤が反応してねちょねちょになったり何か良くない事が起こるかも知れません。新しい人形に着せるのは止めたほうがよいです。

2

-- 作り方 --

型紙です。部品は一枚だけです。型紙には折りしろが含まれます。

この型紙は、シャーリング サンドレスと同じ物です。今回は、規則的に折り目を入れ、接着して作ります。

3

切り出します。

ウエストに折り目を付けます。生地の表側に山折りにします。しばらく消えないようにしっかりと折り目をつけます。

4

布の裏側に接着剤をつけ、ひだを折って貼ります。


5

布の裏側に接着剤をつけ、ひだを折って貼ります。


6

布の裏側に接着剤をつけ、ひだを折って貼ります。


写真では身ごろ上端とウエストライン共に、ひだ山〜ひだ山が 10mm になっていますが、間違いでした。後述のようにウエストラインは 8mm ピッチにするべきでした。修正後のひだの折り方は、一枚タックドレスを参照してください。

7

ひだは左右合わせて10本いれます。ひだ山の向きは前中心から左右へ外向き、後ろ向きです。

8

試着してもらいます。身ごろ上端の長さが胸の上の回りに合っていることを確かめます。

この時、ウエスト回りも確かめるべきでした。

9

表側の、ひだの間に接着剤を少量つけ、ひだを貼りおさえます。


10

身ごろ上端を 5mm 裏に折ります。

折りしろの奥の部分から折り目に木工用速乾接着剤を塗ります。折り返して貼ります。


11

のりしろ部分の、ひだの間に接着剤を塗り、貼りおさえます。

12

すそを 5mm 裏に折ります。

折りしろの奥の部分から折り目に木工用速乾接着剤を塗ります。折り返して貼ります。


13

背開きを裏に折り、折りしろの奥の部分から折り目に木工用速乾接着剤を塗ります。折り返して貼ります。

14

背開きに透明両面テープを切って、貼ります。(のりが残らず、はがせるものを使います。)

15

一応完成・・・ですが、

ウエストが胸の上と同じサイズなので、太って見えてしまいます。接着剤が完全には乾いていないので、今のうちにウエスト部分をはがして、手直しします。

16

ウエストラインの表側の、ひだの接着を引き剥がし、1mm ずつ奥に貼り直します。

17

完成

ウエストが少し細くなると、だいぶスッキリと見えます。

18

-- 紙片 --

ひだを折るときの道具に、幅15mmの厚紙を用意します。片方の辺は10mm間隔の目盛りをつけます。もう一辺には8mm間隔の目盛りをつけます。この紙を使った、ひだの折り方は、一枚タックドレスを参照してください。

19
トップページ > { 服 2 / 服 1 / 水着+インナー / 針を使わず / その他 } > 速乾接着剤タックドレス
前へ 速乾接着剤 長袖Tシャツ速乾接着剤 Tシャツ 次へ
Copyright 2007 Papupepo. All rights reserved.