×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページ >{ 服 2/服 1/ 水着+インナー /針を使わず/その他 }> たてうねオーバーニーソックス 前へ次へ

たてうねオーバーニーソックス

一部では「ニーソックス」、「ニーソ」と呼ばれる、ひざ上まであるソックスです。縦に畝(うね)模様(リブ)が入った編み地(ニット)で作りました。

オビツボディに使えるように作りましたが、ナチュラルボディ(PGジェニー)や、普通のジェニーでも使えます。

1

-- 以前の作品 --

左はナチュラルボディ(PGジェニー)用に、楽に、はかせられるように、余裕を付けて作った物です(型紙左)。足首のあたりはブカブカ。

右(型紙右)はナチュラルボディ(PGジェニー)にぴったりに作った物で、オビツボディに、はかせてみると、はきぐちの辺りが上にあがらないです。オビツボディのふとももはひざのすこし上から太くなるので…(^_^;)

2

はかせ方へジャンプ。

-- 作り方 --

型紙です。この型紙は普通と違って、ぬいしろを含みません。左側が「わ」になります。

中の線はナチュラルボディ用です。今回、オビツボディ用に少しだけ太くしています。

3

はきぐち部分は5mmの縫いしろを付け、その他の部分は縫いしろプラス余裕で、1cmほど付けて切ります。

(→)はきぐちを裏に折り、端から1.5mmのところにステッチをかけます。糸はニット用の少し伸びる糸を使います。トレーシングペーパーを下に敷いてぬいます。

はき口の幅+3mm+3mmの長さだけ縫います。(後で余裕分のぬいしろを切り落とすから。)

4

中表に二つ折りにし、型紙を重ねます。左側の、わの部分をきちんと合わせて、待ち針を打ちます。

型紙の縁ぎりぎりのところを縫って行きます。

5

ぬいしろの余裕分を切ります。

完成。

6

-- はかせ方 --

作り方へもどる。

先を丸く削った箸二本(二本使うのがポイント)と、先を丸く滑らかに削った竹串を使います。縫いしろをきちんと割って、縫い目が真っ直ぐになるように、はかせます。

(以下文章省略)

7
「パプペポ」着せ替え人形の手作り服の作り方------------------------
トップページ >{ 服 2/服 1/ 水着+インナー /針を使わず/その他 }> たてうねオーバーニーソックス 前へ次へ
------------------------Copyright 2004 Papupepo. All rights reserved.