×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「パプペポ」着せ替え人形の手作り服の作り方
トップページ > { 服 2 / 服 1 / 水着+インナー / 針を使わず / その他 } > 三点式ビキニ(独立ブラ)
前へ デニムフリンジ水着(ボトム)三角ひもビキニ 次へ

三点式ビキニ(独立ブラ)

ビキニのブラが左右の胸で完全に独立しています。一点、二点…、ボトムを合わせて三点で三点式ビキニです。

胸の部分が三角形の布で、2辺にひもが通っています。胸からずれず、安定するように、ひもの長さと角度を調整します。

1

-- 作り方 --

ジェニーノーマルボディ用の型紙です。

胸のひもの通る2辺のぬいしろは本来 8mm にするべきところを 5mm にしてあります。ミシンの送り歯にかからないので待ち針を手で送りました。8mm で縫ってから細く切るといいかもしれません。

ボトムの作り方は「三角ひもビキニ」を見てください。

2

ひもの通らない辺(少し長い辺)を 5mm 折ります。反対側の角を 5mm 折ります。

縫い始め/縫い終わりとも返し縫いはしません。糸を少しつけておき、ミシン糸を引っ張って縮めます。完成した時、3辺が同じ長さになるようにするのですが、短めにしておきます。

ひもの通る2辺を折ります。待ち針ではうまく留められないので、少量の木工用速乾接着剤で貼ります。

リリヤンが通る隙間を空け、 2 〜 2.5mm のところを縫います。2辺を続けて縫います。縫い始め/縫い終わりとも返し縫いをします。

3

直径0.55mmの針金を切って、曲げて「ひも通し」を作ります。リリヤンの通る穴を残して曲げます。


リリヤンを通します。

肩ひもまたはわきから背中に回るひもは 11cm くらい出しておきます。わになる部分は 2cm ほど。もう一方は切らずに長いままにします。

4

肩ひもと反対側のわきから回ってきたひもは輪にお互い反対側から通します。輪の部分に結び目を作ります。リリヤンはほどけやすいので一度真結びにしてから蝶結びを作ります。(ひと結びして引っ張ったところで、ピンセットで挟み、クリップで固定します。それから真結びをします。)

5
完成。
6

-- その他 --

同じ物に、1本のひもを続けて通して行くと普通の三角ビキニになります。

リリヤンは固定していないので、自由に抜いて通しなおして、いろいろ遊べます。

7
8
トップページ > { 服 2 / 服 1 / 水着+インナー / 針を使わず / その他 } > 三点式ビキニ(独立ブラ)
前へ デニムフリンジ水着(ボトム)三角ひもビキニ 次へ
Copyright 2008 Papupepo. All rights reserved.