×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「パプペポ」着せ替え人形の手作り服の作り方
トップページ > { 服 2 / 服 1 / 水着+インナー / 針を使わず / その他 } > バギーパンツ U字ピン
前へ クリスマスビスチェ(オビツ)Dリング タンクトップ 次へ

バギーパンツ(U字ピン)

お人形のズボンは後ろ中心を開きにすることがあります。しかしここでは、人間用と同じように前開きにして作ります。

開き部分がなるべくかさばらないように、針金で作ったU字形のピンを差し込んで留めることにします。

ファスナーの代わりにするものなので、「針金ファスナー」と名づけました。(^_^;)

後ろに開きを作ってないので、見た目スッキリ。

1

-- 作り方 --

型紙です。長いほうが後ろズボンです。すそは長い目にしてあります。

古いデニム風のシャツのリメイクです。

ウエストベルトは 2.5cm x 12.5cm の長方形でバイアス(織り目に対して45度方向)にとります。

2

前ズボンに縦にリムを入れます。(ピンタック)

前ズボンを表を外にして半分に折り、端から1mmをミシンで縫います。

縫い始め(ピンクの待ち針)/縫い終わり(ブルーの待ち針)ともに、返し縫いします。

以下、何も書いていないところは、すべて縫い始め/縫い終わりとも返し縫いします。

前ズボンと後ろズボンを中表に合わせ、脇を縫いしろ5mmでぬいます。

縫いしろを後ろ側に倒しアイロンで押さえます。縫い目から1mmのところを押さえ縫いします。(写真は縫い終わったところ。)

3

ポケットを作ります。

左の型紙は作業用の型紙で、普通と違って縫いしろが付いていません。これよりも十分大きいはぎれを用意し、入り口にする部分を布目にそって真っ直ぐ切ります。

縫いしろを折って、端から1mmを縫います。さらに飾りのステッチを入れます。


型紙の中心と飾りステッチの中心を合わせ、ポケットを付ける位置に合わせ、待ち針で留めます。

型紙にそって縫います。

縫いしろを3mmほど残して切り取ります。少しだけほぐし、ほつれ糸を切ります。

4

後ろズボン同士を中表に合わせ、後ろまたがみを縫いしろ5mmで縫います。またしたの縫いしろ部分5mmは縫わずに置いておきます。縫いしろを割ります

5

ウエストベルトを付けます。

前ズボンとウエストベルトを、縫い始めの部分で中表に合わせ、縫いしろ5mmで縫い始めます。

ウエストベルトは引き伸ばしながら縫います。

ウエストベルトの端とズボンの端を合わせながら縫っていきます。

黄色とグリーンの待ち針はミシンの進行方向と逆を向いている縫いしろを押さえています。

ウエストベルトを縫い目から表に返します。さらに、ズボンの上端をくるむように中へ折り曲げます。

縫い目から1mm(ウエストベルトの幅が6mmのときは端から5mm)を縫います。

続けて端から1mmを縫います。ときどきミシンの押さえ金をあげて、縫い終わった部分を右のほうに曲げます。ウエストベルトをカーブさせるためにです。

6

ここで試着してもらいます。

ウエストのサイズを見て、前また上の折り返す位置を確かめます。

U字ピンは他のスカートから借りてきています。

7

ファスナーの部分にダミーのステッチを入れます。

前ポケットもダミーステッチで表現します。

前また上を縫います。またしたの縫いしろ部分5mmは縫わずに置いておきます。ピンクの待ち針のところから、ブルーの待ち針のところまで縫います。

8

前ズボンと後ろズボンを正確に合わせ、またしたの中央付近だけ縫います。

(すそをすでに縫ってある場合は、全部縫います。)

縫いしろを割ってよく押さえます。縫い目が中央で十字になっていればGood!

9

直径0.9mmの針金で、U字型のピンを作ります。

隙間の幅は、間にはさむ布の厚みに合わせます。

体に沿ったカーブをつけます。

右端の長い物は、直径0.9mmの針金を二つ折りにして、体に沿ったカーブにしたもので、接着中にピンの入る隙間を確保しておくためのものです。

10

ピンが入るあたりに木工用速乾接着剤を塗って強化します。ミシン糸も塗り固めます。

乾いたら、縫いしろ(のりしろ)に木工用速乾接着剤を塗り、ステッチのラインに合わせて二つ折りにした針金を当て、折り返します。

ある程度乾いたら針金を引き抜きます。

右前ズボンは、針金の入る部分より2mmほど持ち出しをつけて折り返します。隙間から中が見えないようにするためです。

11

試着してもらいます。

オビツボディに体を替えたジェニーと従来ボディのティモテです。

すその長さを決めます。

前は2cm、後ろは1.5cm折って、斜めのすそにしてみます。

12

すそを縫います。

またしたの残りの部分を縫います。

完成。

13

前ファスナーの代わりにU字形のピンを挿してとめます。

後ろからの撮影も平気です。(*^_^*)

14

-- バギーパンツ(ウエストゴム) --

ウエストに平ゴムを入れて作ってみました。

作るのも、着せ替えも楽ちんです。(*^_^*)

ウエストを緩くしてヒップハングに、はきます。

(→)型紙です。ゴムを通す部分の縫いしろは15mmです。

15

ウエストを15mm内側に折って、アイロンで押さえます。カーブしているので少しずつ折り目を付け、押さえていきます。

16

すそを縫います。

(ウエストの折った縫いしろをいったん伸ばして)2枚を中表に合わせ、前またがみを縫い合わせます。ぬいしろを割ります。

(→)ウエストを15mm内側に折って、端から1mmにステッチをかけます。端から9mmにもステッチをかけます。

17

4コールの細い平ゴムを通します。

ゴムの先を、ゴムの出口まで戻し、端から3mmを縫って留めます。

ゴムはまだ切りません。

18

ここで試着してもらいます。

ゴムの長さを調節し、ウエストが上がらず、いい位置で止まるように決めます。(布の柔らかさや、ゴム、ゴムを通す部分の幅によって変わってきます。)

ゴムをゴム通し口で縫い留めます。ゴムを切ります。

うしろまたがみを中表に合わせ、縫い合わせます。縫いしろのカーブしている部分に切り込みを入れ、ぬいしろを割ります。

また下を縫い合わせます。縫いしろを割り、表に返して、

完成。

19
トップページ > { 服 2 / 服 1 / 水着+インナー / 針を使わず / その他 } > バギーパンツ U字ピン
前へ クリスマスビスチェ(オビツ)Dリング タンクトップ 次へ
Copyright 2004 Papupepo. All rights reserved.