×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「パプペポ」着せ替え人形の手作り服の作り方
トップページ > { 服 2 / 服 1 / 水着+インナー / 針を使わず / その他 } > ブルー花柄チューブトップ
前へ ホックで留める肩スリットTシャツ一枚タンクトップ(リカちゃん) 次へ

ブルー花柄チューブトップ

胸の上で表側に三つ折りして、ベルト部にしたビスチェです。胸の下のダーツの入れ方に工夫をして、形が出るようにしてあります。

今回、胸の中央に縦に少しギャザーを入れてみました。


背あきは針金で作ったピンで留めます。ファスナーのつもりなので、「針金ファスナー」と名づけました。

1

-- 作り方 --

型紙です。すそのラインは未定で、5mmほど多めにして有ります。ダーツのラインも未定です。

(→)切り出した生地です。

2

(→)ダーツの先端位置に赤い糸で印を付けます。

上辺を5mm折って、アイロンで押さえます。カーブしているので少しずつ押さえていきます。

3

もう一度5mm折ってアイロンで押さえます。待ち針を打ち、端から4mmにミシンでステッチをかけます(ピンクの待ち針からブルーの待ち針の所まで)。縫い始め、縫い終わりとも返し縫いします。

(→)縫った所です。

4

ここで試着してもらいます。

胸にそってダーツを取り、胸の下でラインの変わる所に待ち針を打ちます(黄)。

そこから、すそが体にそって細くなるようにダーツを取り待ち針を打ちます(ブルー)。

5

ダーツを広げ、すその待ち針は2本に打ち直します。型紙を重ね、待ち針の有効部分を写します。

(→)ダーツのラインを決めます。胸部分はカーブさせて、丸みを出します。

6

ダーツを縫います。ピンクの待ち針の先端が指す場所に少し針がかかるようにして縫い始めます。返し縫いはしません。二針目は1mmほど入った所に入れます。そこからカーブしながら、黄色の待ち針が入っている所まで縫い、方向転換し、ブルーの待ち針の所まで縫って返し縫いします。

(→)縫い始めの上糸と下糸をきちんと結び、5mmほど残して切ります。

7

ダーツ部分のぬいしろを5mmほど残して切ります。

(→)縫いしろを割り、アイロンで押さえます。胸の丸みを出します。

8

ここでもう一度、試着してもらいます。

ダーツを広く入れすぎて、胸が尖っています。(T_T)

すそももう少し絞ったほうが良いかも…。

胸の中心にギャザーを入れるのを試してみることにします。

9

縦にミシンで縫います。返し縫いはしません。

(→)糸を引っ張って縮めます。



上糸と下糸を結びます。上端では、ぬいしろの中に引き込んでおきます。

10

またまた、試着してもらいます。

すそのラインを決めます。

直角定規に紙片を付けたもので、床から一定の高さに印を付けて行きます。

ラベルシールを細かく切った物を貼っています。

背中心も決めておきます。

11

印に合わせてすそを折って、1mmのところにステッチをかけます。

縫いしろ5mm残して、切ります。

(→)背中心で折って、3mmのところで縫います。針金のピンが入るようにします。

12

直径0.9mmの針金を切って、曲げて、長さをそろえて切って、切り口をやすりで丸く削り、差し込みやすくするため、先端を少し開き、ぬいしろを避けるため、奥の部分を少し広くし、一定のすきまが残るように曲げます。

13

背中心にピンを差し込んでとめます。

すその部分に力が加わると拡がってしまいますが、ジェニーはおとなしいこなので大丈夫です。(^_^;)


完成。

14
トップページ > { 服 2 / 服 1 / 水着+インナー / 針を使わず / その他 } > ブルー花柄チューブトップ
前へ ホックで留める肩スリットTシャツ一枚タンクトップ(リカちゃん) 次へ
Copyright 2004 Papupepo. All rights reserved.