×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「パプペポ」着せ替え人形の手作り服の作り方
トップページ > { 服 2 / 服 1 / 水着+インナー / 針を使わず / その他 } > ブラ (ビキニ水着−トップ)
前へ ショーツ (ビキニ水着−ボトム)伸びない生地でストッキング 次へ

ブラ (ビキニ水着−トップ)

ホックで留めるブラジャーです。

サイズぴったりに作るので、各ボディ専用になります。

ノーマルボディのジェニー用です。

斜めの模様がプリントされた生地です。バイアス裁ちではありません。

1

ナチュラルボディ(NB)ジェニー(PGジェニー)用です。

斜めの格子模様がプリントされた生地です。バイアス裁ちではありません。

2

オビツボディ 27(ノーマル胸タイプ)用です。

3

-- 型紙の作り方 (ノーマルボディ用) --

ここではノーマルボディのジェニー用を紹介します。

オビツボディ用の型紙の作り方は、このページの中ほどにあります。

ナチュラルボディ用、リカちゃん用は、このページの後尾にあります。同じように作ります。

胸に直接両面テープを貼ります。こまかく切った透明両面テープを、作りたい形に貼ります。

一回り大きい布切れを貼ります。紙や不織布はだめです。胸の中心線に布目を合わせます。胸の形になじませます。ダーツを決めます。

作りたい形に添って、折り返します。折り目に線を引きます。アンダーベルト、肩ひもの印を付けます。これを元にして型紙を作ります。

4
ジェニーノーマルボディ用

型紙です。小さいのはダーツを縫うときの作業用の型紙です。

5

-- 作り方 (ノーマルボディ用) --

左右対称に1枚ずつ切り出します。

斜めの模様がプリントされた生地で、バイアス裁ちではありません。

このほかに、肩ひも用に 8mm x 85mm の長方形を 2枚 用意します。(または 8mm x 150mm を 1枚)

6

ダーツを縫います。

ダーツ先端位置に待ち針を刺します。作業用型紙に合わせて折ります。ダーツ先端のところに少しだけかかるように針を入れて縫いはじめます。返し縫いはしません。カーブを描いて、ブルー(E)の待ち針の手前まで縫ったら返し縫いします。

縫いはじめの上糸と下糸を結び、少し残して切ります。

ダーツは外側に倒します。

7

二枚を中表に合わせます。

ピンク(S)の待ち針の入っているところから、ブルー(E)の待ち針が入っているところまで一往復半縫います。

縫いしろを割り、アイロンで押さえます。

8

下端にステッチをかけます。ベルトの先から先までです。

縫いしろを折って、待ち針で留めます。

端から 1mm にステッチを掛けます。待ち針は、ミシンの押え金の下に入らないうちに早いめに抜きます。

9

背中のベルト付け根のかどのところに切り込みを入れます。上端を順に折って待ち針で留めます。

端から 1mm にステッチを掛けます。

胸に丸みをつけます。

10

肩ひもの両側 2mm ずつ折ってアイロンで押えます。さらに半分に折ってアイロンで押さえます。

11

ステッチを入れます。このとき、真ん中から縫いはじめて端まで縫うと縫いやすいです。二本分なので真ん中から二つに切ります。

12

試着してもらい背中のベルトを背中心で突き合わせになるように折ります。

片方のベルトの先に、わを作りホックを差し込んで留めるようにするので、この部分に木工用速乾接着剤を塗って強化します。ミシン糸も塗り固めます。

「のりしろ」を接着剤で貼ります。このとき太い針金を、わの部分にはさんで、ホックの入る隙間を確保します。

13

直径 0.55mm のステンレスの針金でホックを作ります。

もう一方のベルトの先にホックをつけます。接着剤でのりしろを貼ります。

14

試着してもらって確認しながら、肩ひもを接着剤でつけます。

15

完成。

16

-- 型紙の作り方 (オビツボディ用) --

ここではオビツボディ 27(ノーマル胸タイプ)用を紹介します。

ノーマルボディのジェニー用の作り方は、このページの前のほうにあります。

ナチュラルボディ用、リカちゃん用は、このページの後尾にあります。同じように作ります。


ラベルシールを細く切ったもの(ここでは 4mm 〜 8mm 幅)を、お人形に直接貼って、型を取ります。まず上端を決めます。ダーツを入れるラインの両側に貼ります。順に貼り重ねて前中心から後ろ中心まで形を作ります。ラベルの重なった部分に線を引き、合印を入れます。

形を崩さないように気をつけて、すぐにはがします。

17

はがしたシールを紙に貼ります。少しずつ調節し、平面にします。ダーツの部分には切り込みを入れカーブさせています。

縫いしろ 5mm をつけます。背中心の折り返しは長いめに付けます。

オビツボディ 27(ノーマル胸タイプ)用

型紙です。小さいのはダーツを縫うときの作業用の型紙です。

18

-- 作り方 (オビツボディ用) --

プリント生地です。左右対称に一枚ずつとります。

このほかに、肩ひも用に 1cm x 13cm の長方形を用意します。


ダーツを縫います。生地の裏が外になるように(中表に)折り、作業用の型紙を合わせ、待ち針で留めます。ピンク(S)の待ち針のところから少しだけ針がかかるようにして縫いはじめます。返し縫いはしません。型紙にそって、ブルー(E)の待ち針の入っているところまで縫ったら返し縫いします。

縫いはじめの上糸と下糸を結び、少し残して切ります。縫いしろを割ります。

19

二枚を中表に合わせます。

ピンク(S)の待ち針の入っているところから、ブルー(E)の待ち針が入っているところまで一往復半縫います。

縫いしろを割り、アイロンで押さえます。アイロンで胸の丸みを出します。

20

下端を 5mm 折って、 1mm のところにステッチをかけます。ピンク(S)の待ち針のところから返し縫いをして縫いはじめます。待ち針は、ミシンの押え金の下に入らないうちに早いめに抜きます。縫い終わりのブルー(E)の待ち針は、返し縫いをするために抜かずにおきます。ミシン針が衝突しないようにゆっくり縫い越します。


背中のベルト付け根のかどのところに切り込みを入れます。上端を順に折ってアイロンで押さえます。

上端にステッチをかけます。ベルトの先から先までです(ピンク(S)からブルー(E)まで)。

21

直径 0.9mm の針金でホックを作ります。

(1) W字型に曲げます。曲げた部分の長さが、出来上がりの大体の大きさになります。

(2) 左の辺、右の辺を少し短く切ります。切り口をやすりで丸くします。

(3) 片方はホックの差し込む側になるので、ぴったりと折り曲げます。もう一方は固定側になるので、針の通る大きさの穴を残して曲げます。

(4) 中央の隙間が布6枚を軽くはさめる程度になるように調節します。

22

試着してもらい背中のベルトを背中心で突き合わせになるように折ります。

今回はホックの入るわと、ホックをつける折りしろを透明両面テープで止めます。木工用速乾接着剤を使うか、きちんと縫うかしても良いです。

両面テープを使うと、ボディの可塑剤とテープの粘着剤が反応してねちょねちょになったり何か良くない事が起こるかも知れません。新しい人形に着せるのは止めたほうがよいです。

折りしろの内側に一回り小さく切った両面テープを貼ります。(のりが肌に着かないようにするためです。)白いのは剥離紙です。

右側のベルトは、ホックをつけるので両面テープを大きめに貼って金具の根元を固定します。

左側のベルトは、ホックを差し込んで留めるわになるので、その部分に両面テープがかからないように小さく貼ります。

23

肩ひも用の生地です。(二本分)


肩ひもの両側 2mm ずつ折ってアイロンで押えます。さらに半分に折ってアイロンで押さえます。

ステッチを入れます。このとき、真ん中から縫いはじめて端まで縫うと縫いやすいです。二本分なので真ん中から二つに切ります。

24

試着してもらって確認しながら、肩ひもを接着剤でつけます。


余分を切ります。

25
完成。
26

-- その他 --

黄緑色は、ナチュラルボディ(NB)ジェニー(PGジェニー)用です。

紺色ギンガムチェックのはバイアス裁ちにしたもの。

ピンクの花柄はリカ用。

作り方は従来ボディ用と同じです。

オビツボディ用の型紙の作り方はこのページの前のほうにあります。

27
ジェニー用

ナチュラルボディ(NB)ジェニー(PGジェニー)用です。

上の紺色ギンガムチェックのは同じ型紙でバイアス裁ちにしたものです。

28
ナチュラルボディ用

ナチュラルボディ(NB)ジェニー(PGジェニー)用です。

少し形が違います。

29

リカちゃん用。

リカちゃん用
30
トップページ > { 服 2 / 服 1 / 水着+インナー / 針を使わず / その他 } > ブラ (ビキニ水着−トップ)
前へ ショーツ (ビキニ水着−ボトム)伸びない生地でストッキング 次へ
Copyright 2003-2008 Papupepo. All rights reserved.