×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページ >{ 服 2/服 1/水着+インナー/ 針を使わず /その他 }> 両面テープ チューブトップ 前へ次へ

両面テープで作る デニムフリンジ チューブトップ

胸の上で布を表側に折り、ほぐしてフリンジにしたビスチェです。

背あきは針金で作ったピンで留めます。ファスナーのつもりなので、「針金ファスナー」と名づけました。

針と糸を使わず、細く切った両面テープで貼って作ってみました。ステッチはアクリル絵の具です。

1

両面テープを使うと、ボディの可塑剤とテープの粘着剤が反応してねちょねちょになったり何か良くない事が起こるかも知れません。新しい人形に着せるのは止めたほうがよいです。

デニム生地は色移りが起こります。染料がお人形の肌に染み込んで取れなくなります。新しい人形の場合は着せてすぐに脱がせても起こります。

2

-- 作り方 --

型紙です。

部品点数は一枚だけです。(^_^)

作りはじめたときの型紙と、すそを5mm切った修正後の型紙です。

3

透明両面テープを、使用済みのラベルシール台紙に貼り、2.5mm幅に切ります。白い剥離紙(セパレーター)をつけたまま貼り、カッターナイフなどで切ります

4

古いシャツのリメイクです。何度も洗濯されていますが、それでも色移りには気をつけます。

胸の上端を外側に折って、折り目をつけます。カーブしている部分は少しずつ折ります。

折り目にそって、内側に両面テープを貼ります。

軽く貼り合わせ、たるみ/ひきつれがないように調整し、その後しっかりと押さえます。

5

アクリル絵の具で、ステッチを描きます。上端から1mmのところに細かい破線で描いていきます。黄色に少し赤を入れた色です。


ステッチのラインから1mmのところで、たて糸またはよこ糸を1本ずつほぐしていきます。

フリンジを平行にし、切り揃えます。

6

直径0.9mmの針金を切って、曲げて、長さをそろえて切って、切り口をやすりで丸く削り、差し込みやすくするため、先端を少し開き、ぬいしろを避けるため、奥の部分を少し広くし、一定のすきまが残るように曲げます。

7

試着してもらいます。

ジェニーナチュラルボディ/ジェニー従来(ノーマル)ボディ/オビツボディ共通でいけそうです。

背中心の折り返しの長さを測ります。

8

すそが長かったので5mm切り落としました。すそをほぐしてフリンジにします。

切り揃えます。


背中心を折り返し、折り目から2mm控えて透明両面テープで貼ります。透き間のわに「針金ファスナー」を差し込んでとめます。

完成。

9
「パプペポ」着せ替え人形の手作り服の作り方------------------------
トップページ >{ 服 2/服 1/水着+インナー/ 針を使わず /その他 }> 両面テープ チューブトップ 前へ次へ
------------------------Copyright 2005 Papupepo. All rights reserved.