×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「パプペポ」着せ替え人形の手作り服の作り方
トップページ > { 服 2 / 服 1 / 水着+インナー / 針を使わず / その他 } > 木型で作る布ブーツ
前へ ボックスプリーツスカートデニムフリンジチューブトップ 次へ

木型で作る布ブーツ

普通の布と紙とかるい紙ねんど製の布ブーツの作り方です。

履き口と前中心はミシンで縫います。かかとを通過させるため、足首はぶかぶかです。

靴のつま先と底部分を作る時、木型を使います。木型といっても実際は紙粘土製です。

中敷き、靴底は厚紙製です。接着剤を使います。かかとのブロックは軽い紙粘土で作ります。

左側のモデルは、ノーマルボディのジェニー(身長 27cm)です。右側のモデルは、リカちゃん(身長 22.5cm)です。サイズは兼用できます。

1

-- 準備 --

木型は紙粘土を乾燥させたものを削って作ることにします。普通の紙ねんどを良く練ってから、ブーツの形からかかとの部分を取り除いた形を作ります。

型紙は作る大きさよりも2割以上大きい形です。ねんどの固まりはこれよりもさらに大きく作ります。底やはきぐちの縁の部分が不足しないように角を立てておきます。よく乾燥させます。

右は乾燥後ですが少し曲がっています。

2

かかとの部分は軽い紙粘土で作ります。乾燥に時間がかかるので、あらかじめたくさん作っておきます。

収縮するので、長さ比1.2倍で作ります。また、ゆがんでくるので削って仕上げます。その分大き目に作っておきます。

3

-- 木型の作り方 --

ジェニーノーマルボディ(身長 27cm )の脚を参考のため…。かかとがあがっています。

道具は、金工用やすり、目詰まりを取り除くブラシ、舞い散る粉を吸う掃除機。

4

まずは出っ張った部分を削り、側面やすね部分が真っ直ぐになるまで削ります。上端と底面を水平に削ります。断面が楕円になるように削ります。


作ろうとする木型の形、細さになるまでがりがり削ります。断面がきれいな楕円になるように削ります。足首を細くしすぎてはいけません。

かかと部分があがった形に削ります。左右兼用で作ってるので、足の先は左右対称に丸めます。

5

どんな色でもいいので何か塗装をします。これはシルバーメタリックのアクリルラッカースプレーを吹いています。

6

-- 型紙の作り方 --

シーチング生地を織り目に正しく合わせて切り出します。


足型を包み、待ち針で留めます。

足首の部分は余裕を持たせ、このまま脱いだり履いたりできるようにします。

筆記用具の代わりにラベルシールを細かく切ったもので印を付けます。

7

開きます。

型紙用の紙に印を写します。このときラベルシールを使っていると、はっきりとして写しやすいです。

型紙の線を決めます。左右対称になるように調節します。

8

今回作る型紙です。履き口の前にV字型に切れ込んだスリットをつけます。

半分の形のものは縫う時に使う作業用の型紙です。この型紙は普通と違って、縫いしろを含んでいません。

靴底の形は、小さい方が中敷きの型紙で、一回り大きい方が靴底の型紙です。

9

-- 作り方 --

履き口を 5mm 折って押さえます。スリット部分を 5mm 折って押さえます。

スリット、履き口、スリットの端から 1mm にミシンでステッチをかけます。縫いはじめ/縫いおわりは返し縫いをせず、後で結べるだけの糸を付けておきます。


スリット部分のミシン目を一つずつゆるめ、折り目を伸ばします。

10

なかおもてに、二つ折りにします。

作業用の型紙を重ねます。わの部分と、型紙のまっすぐな辺が合うように待ち針で留めます。

型紙のふちぎりぎりを縫います。縫いはじめ(つま先側)は返し縫いをしなくてもよいです。糸を少し付けておきます。縫い終わり(スリット開き止まり)は返し縫いをします。

縫いしろを割ります。足首と甲のところには切り込みを入れます


スリット部分のミシン糸を引っ張ってミシン目を元に戻します。

外側に出ている糸を「対岸」の内側に引き込みます。ミシン糸を結んで短く切ります。

11

中敷きを、厚紙で作ります。底の形に折り曲げておきます。

12

木型に履かせます。布部分を引っ張って甲の形を出すようにします。かかと側は引っ張りすぎてはいけません。

中敷きに木工用速乾接着剤を多めに塗って、木型の足の裏に乗せます。

布部分を引っ張って甲の形を出すようにしながら貼ります。

2回くらいに分けて貼ります。

ある程度乾いたら布の余った部分を切り落とします。カッターナイフで削いでなるべく平らにします。

もう片足を作るときは、かかとの高さが同じになるように気を付けます。

13

靴底はティッシュの箱3枚を重ねて作ることにします。


かかと側の線にものさしを当てて折り曲げます。もう一方の線は丸いものを当てて、折り目を付けないように曲げます。貼り合わせます。

14

かかとのブロックをカッターナイフで切り出します。やすりで削ります。

靴底を切り出します。

かかとを貼ります。やすりで削ります。

15

穴を開け爪楊枝を刺して固定します。アクリル絵の具で色を塗ります。

つまようじを取り除き、くっつけて完成。

16

-- クリスマスロングブーツ(2004) --

ひざ上まであるブーツ。はき口に白いフリンジをつけます。

(→)粗裁ち用の型紙と作業用の型紙です。


フリンジは白のシーチングをバイアスに9.5cmx2cmとります。

両端を三角形に切り込み、Σ形にします。短くなった縦糸、横糸を全て抜きます。有効長さは7.5cmになります。(もう少し長くてもよかった。)

17

ブーツの裏にフリンジ用の布をおき、その中央を縫います。

フリンジを表に返し、ブーツの縫いしろ(赤、1cm)を3mmくらいに切ります。押さえ縫いします。

バイアス布をほぐし、フリンジにします。切り揃えます。

後は同じように作ります。

18

-- 絵の具で色を塗ったブーツ --

ほしい色の布地が手に入らないとき、絵の具で塗ってみたらどうかと試してみました。

乾くとごわごわになって、はかせにくくなりました。まあ、ブーツはそんなもんでしょう。(^-^)

白のシーチングにアクリル絵の具を塗りました。ほとんど白に、青と黒を少し入れた色です。布目が埋まって、すこしだけ皮革っぽくなったかな。


足が大きいナチュラルボディのジェニーでもはけるように、足の部分が大きくなっています。木型も大きいものを使います。

19
20
トップページ > { 服 2 / 服 1 / 水着+インナー / 針を使わず / その他 } > 木型で作る布ブーツ
前へ ボックスプリーツスカートデニムフリンジチューブトップ 次へ
Copyright 2003-2007 Papupepo. All rights reserved.