×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページ >{ 服 2/服 1/水着+インナー/ 針を使わず /その他 }> 両面テープ Cリング水着 前へ次へ

両面テープで作る Cリング水着  

両胸の間をC型のリングでつないだホルターネックビキニです。ボトムのわきも、Cリングで留めます。

針と糸を使わず、細く切った両面テープで貼って作ってみました。

アイデアがあって、型紙を書いてみるのですが、その時には作品の印象までは想像がつきません。今回作ってみてわかったこの水着のポイントは「胸の谷間を全部見せる」です。(*^-^*)

1

リングは1個所切れめがあって、「C」字型になっています。反対側は布が「わ」になっています。

リングの切れめに、布のわの上端を入れます。

リングの切れめを、布のわの下端まで通します。(布のわを全部リングの中に入れます。)

リングを回し、リングの切れめを、布のわの中に入れ、隠します。

2

-- 作り方 --

型紙です。

対称に1枚ずつとります。

左上にのびている部分は肩ひもで、首の後ろでつながります。左下にのびている部分は背中でつながる、ベルトです。右の短いのは、リングを留めるわを作る「のりしろ」です。

上半分が前パンツ部分、下半分がうしろパンツ部分です。

3

トップスの作り方。

プリント生地です。布目の方向は定めず、左右で違っています。

胸の南半球部分にタックを3つ入れます。裏側のひだは外の方に倒します。表側にセロハンテープを貼って仮に固定しておきます。

4

透明両面テープを、使用済みのラベルシール台紙に貼り、2.5mm幅に切ります。白い剥離紙(セパレーター)をつけたまま貼り、カッターナイフなどで切ります


まず「のりしろ」を折って、折り目をつけます。カーブしている部分は少しずつ折り、「のりしろ」を変形させて折り合わせます。マイナスカーブになりところには切り込みを入れます。布目の方向に、「のりしろ」の幅より1mm控えて切ります。

折り目にそって、内側に両面テープを貼ります。

軽く貼り合わせ、たるみ/ひきつれがないように調整し、その後しっかりと押さえます。

5

胸の下側/ベルトの下側を折ります。タック部分はなるべく段にならないように折ります。

貼ります。

6

胸の外側/肩ひもの外側(背中側)を折ります。切り込みを2個所ほど入れます。

貼ります。

7

胸の内側/肩ひもの内側(頭側)を折ります。切り込みを1個所入れます。

貼ります。

8

カラーゼムクリップ(ビニル被覆針金)を伸ばします。

適当な太さの棒(プラスドライバー)にラジオペンチで引っ張りながら、きっちりと巻き付けます。

1周分を切り取り、少しすきまが空いて「C」字型になるように切り口をきれいに切ります。ねじれをなくします。

9

試着してもらいます。

裏表で、セロハンテープを仮に貼って着てもらいます。

リングを留めるわの「のりしろ」の折り返しの長さを測ります。

肩ひもの重なる長さ/ベルトの重なる長さを測ります。

10

リングを留めるわの部分を貼ります。

つまようじの先を入れて、のりしろを押さえ、丸い穴にしてリングを入れやすくします。

11

肩ひもの重なりが長すぎたので少し切ります。貼り合わせます。

背中のベルトを重ねて貼り合わせます。

12

フロントホックだけで着せられることを確認します。

リングの切れめの上側を、布のわの上端から入れます。

リングの切れめの上側を、布のわの下端まで通します。

リングを回し、リングの切れめの下側を、布のわの中に入れ、切れめを隠します。

13
完成。
14

ボトムの作り方。

15

左右のまたぐりを折ります。切り込みを1個所ずつ入れます。

貼ります。

16

前後の上端を折ります。切り込みを前は1個所/後ろは2個所入れます。

貼ります。

17

試着してもらいます。

裏表で、セロハンテープを仮に貼って着てもらいます。

リングを留めるわの「のりしろ」の折り返しの長さを測ります。

18

リングを留めるわの部分を貼ります。

完成。

19
20
「パプペポ」着せ替え人形の手作り服の作り方------------------------
トップページ >{ 服 2/服 1/水着+インナー/ 針を使わず /その他 }> 両面テープ Cリング水着 前へ次へ
------------------------Copyright 2005 Papupepo. All rights reserved.