×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページ >{ 服 2/ 服 1 /水着+インナー/針を使わず/その他 }> 南国パンツ 前へ次へ

南国パンツ

ショートパンツの斜めに切れ上がったすそをほどいて、フリンジにしたものです。フリンジを作る部分が真っ直ぐになるように、型紙を変形させています。

赤いトップと組み合わせて、南国風です。

1

-- 作り方 --

左右対称に一枚ずつとります。真っ直ぐな辺はズボンのすそに当たる部分で、フリンジにします。ななめ45度にとることで、たて糸、よこ糸ともにフリンジにできます。

左上の(出来上がり線が)6mmほどの部分が、また下で、時計まわりに後ろまた上、ウエスト、前また上、また下になります。

ウエストベルトはバイアス(布目に45度方向)で2.5cm x 12cmの長方形にとります。

2

生地はシーチングです。ほつれやすい布を使わないと苦労します。

フリンジを作る部分は正確に45度方向に取ってください。

3

それぞれ一枚ずつに、すそから8mmの線に、ミシンでステッチを入れます。縫い始め/縫い終わりの返し縫いはせず、糸を少し出して切っておきます。

フリンジを作るときにこのステッチの1mm手前まで解きます。ほつれすぎるのを防ぐ役目もあります。

4

前またがみを縫います。

また下の縫いしろ部分5mmは縫いません。ピンク(S)の待ち針の刺さっているところから、ブルー(E)の待ち針まで縫います。縫い始め/縫い終わりは返し縫いをします。(以下、何も書いていないところは縫い始め/縫い終わり、返し縫いします。)

縫いしろを割ります。カーブしている部分に4mm切り込みを入れます。平面には押さえられないので、部分部分にアイロンを当てます。

5

ウエストベルトをつけます。

ズボンのウエスト部分はカーブしているのですがある程度真っ直ぐに伸ばし、中表にウエストベルトと端を合わせて重ね、待ち針で留めます。端から5mmを縫うので、そのラインに、しわが寄らないようにします。裏を確かめてから縫います。

ウエストベルトを縫い目から表に返し、押さえます。

6

ウエストベルトを表に返し、くるむように裏側に折ります。

ウエストベルトの下端から1mm(ウエストベルトが6mmなら上端から5mm)に、先にステッチをかけます。続けてウエストベルトの上端から1mmにステッチをかけます。一周縫うので返し縫いは不要で、縫い終わりは縫い始め部分に少し重ねて縫います

7

後ろまた上を縫います。

また下の縫いしろ部分5mmは縫いません。ピンク(S)の待ち針の刺さっているところから、ブルー(E)の待ち針の刺さっているところ(開き止り)まで縫います。

後ろまたがみの上の方は片だおし、下の方だけ割ります。

8

また下を縫います。また下は5mm+5mmほどしかないので、ピンク(S)の待ち針の刺さっているところの少し上から、ブルー(E)の待ち針の刺さっているところの少し下までを1往復半縫います。

また下の縫いしろを割ります。真ん中で縫い目が十字になっていれば合格です。

9

すそ部分を(ステッチまで1mmのところまで)解いてフリンジにします。

10

ここで試着してもらいます。

どのボディでも、はけるように、後ろ開きの折り目と重なりの量を決めます。

11

後ろあきにスナップをつけます。

完成。

12
「パプペポ」着せ替え人形の手作り服の作り方------------------------
トップページ >{ 服 2/ 服 1 /水着+インナー/針を使わず/その他 }> 南国パンツ 前へ次へ
------------------------Copyright 2003-2005 Papupepo. All rights reserved.